ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)

ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)ものもらいは、原因や症状、治療法が違う、麦粒腫と霰粒腫に分けられます。霰粒腫は感染によって起こるものではありませんし、麦粒腫は黄色ブドウ球菌などに感染して発症しますが人にうつることはありません。
なお、昔はものもらいの治療というと眼帯を使いましたが、現在は細菌が繁殖しやすいことから基本的に眼帯を使わずに治療を行っています。

麦粒腫

疲労や睡眠不足などで免疫力が下がっていると常在菌である黄色ブドウ球菌などに感染して麦粒腫を発症することがあります。外麦粒腫はまぶたの外側やまつ毛の根本にでき、内麦粒腫はまぶたのふちにある、マイボーム腺に感染して生じます。
主な症状は、まぶたの赤みや腫れ、痛み、かゆみです。白目が充血する、まばたきの際に違和感を覚えることもあります。
細菌感染によるものですから、抗生剤の点眼薬や内服薬の治療を行います。化膿している場合には排膿のための切開も検討します。

霰粒腫

まぶたのふちにあるマイボーム腺は皮脂を分泌しています。このマイボーム腺が詰まって分泌液が中にたまってしこりのようになった状態です。原因は細菌感染ではありませんが、霰粒腫でも炎症を起こすことがあり、その場合には急性化膿霰粒腫と呼ばれます。
霰粒腫の症状は、まぶたの白っぽいしこり、まぶたの腫れ、赤み、痛みがあり、まぶたが開けにくくなって気付くケースもあります。急性化膿霰粒腫は炎症を起こしているため、痛みやかゆみを起こすことが多く、充血など麦粒腫に似た症状を起こします。
急性化膿霰粒腫の治療では、抗生剤の点眼薬や内服薬を用いますが、炎症のない霰粒腫でも予防的に抗生剤を用いることもあります。治りにくい場合には、しこりの摘出手術も検討されます。なお、霰粒腫の再発を繰り返すケースではまれに悪性腫瘍のことがありますので、組織を採取して病理検査を行って診断します。

霰粒腫摘出費用

保険種別 自己負担額
1割負担の方(片目) 1,070円
3割負担の方(片目) 3,200円
一番上に戻る
TEL:047-401-7467TEL:047-401-7467 当日順番取り当日順番取り 日時指定予約日時指定予約