まぶたの病気

眼瞼下垂

眼瞼下垂まぶたがうまく上がらない状態です。まぶたを上げる眼瞼挙筋という筋肉が加齢などで弱くなり、まぶたが垂れ下がった状態になります。無表情でいる際にも額のシワや険しい目つきで怒っていると誤解されることがありますし、無理に上げようと周囲の筋肉に力が入って慢性的な頭痛や肩こりを起こすこともあります。長期間ハードコンタクトレンズを使っていると発症しやすい傾向があり、先天的に眼瞼挙筋が弱い場合や、ケガや手術の後遺症で起こることもあります。

当院の眼瞼下垂治療

眼瞼下垂は、手術しない限り治りません。
当院では、上まぶたの皮膚を切開する手法と、眼瞼挙筋を短くする手法があり、まぶたや眼瞼挙筋の状態によって、適した手法を選択します。
手術時間は20分ほどです。

費用

保険種別 自己負担額
1割負担の方(片目) 14,600円
3割負担の方(片目) 43,790円

高度な眼瞼下垂で、前頭筋釣り上げ方など、大きな手術が必要な場合には、提携している高度医療機関をご紹介して、そちらで手術を受けていただきます。

眼瞼内反症(逆さまつ毛)

眼瞼内反症(逆さまつ毛)まつ毛が内側を向いて生えてしまうため、まつ毛が眼球に触れて傷付けてしまいます。原因は主にまぶたの形の異常です。眼球を傷付けて視力障害につながることがあるため、早急な治療が必要です。なお、それほど頻度は高くありませんが乳幼児には下のまつ毛に睫毛内反を生じるケースがあります。念のため、1度確認してみましょう。

当院の眼瞼内反症治療

まつ毛を抜いても一時的な解決にしかならず、再び生えてきて繰り返し症状を起こしやすくなっています。視力障害を防ぐためにも、根本的な治療として手術をおすすめしています。
手術時間は15分程度です。

一番上に戻る
TEL:047-401-7467TEL:047-401-7467 当日順番取り当日順番取り 日時指定予約日時指定予約