小児眼科

疾患治療だけでなく、健全な視力の発達のために

疾患治療だけでなく、健全な視力の発達のために誕生したばかりの赤ちゃんは明るさがわかる程度で、それから実際に「見る」ことで学習しながら視力が発達し、6歳くらいになると大人と同程度の視力になります。この6歳くらいまでの時期にしっかり見て学習しないと視力が発達せずに、眼鏡などで矯正しても十分な視力を得られない弱視になってしまいます。弱視になると成長してからでは治療をしても視力を得ることができません。そのため、「見る」ことで学習する時期にそれができていない状態をできるだけ早く発見し、適切な治療で健全に視力を発達できるようにサポートすることが重要です。小児眼科では、子どもの眼科疾患の治療をするだけでなく、視力をしっかり発達できるようサポートする治療も行っています。お子様の目に関して、専門的なチェックを受けたい、気になることがあるといった場合もお気軽にいらしてください。

視能訓練士(ORT)がサポートしています

視能訓練士(ORT)がサポートしています視能訓練士(ORT)は、視力検査・屈折検査・眼圧検査・視野検査などの眼科検査や視機能回復のための矯正訓指導などを行う、国家資格を持ったスペシャリストです。斜視や弱視など視機能に障害を持っている方や、幼いお子様の検査もスムーズに受けていただけるようきめ細かく配慮しながら行っていますので、安心していらしてください。

学校検診について

学校でも視力検査を検診として行っていますが、これは370方式という簡易的な検査です。視力をA~Dの4段階で評価するものですから、疾患の有無がわかりませんし、近視・遠視・乱視の診断もできないため眼鏡などによる矯正の必要性についても判断できません。学校検診で行われる視力検査は、視力に問題があるかどうかのスクリーニングとして行われるものですから、A以外を指摘された場合には眼科専門医を受診して専門的な検査を受ける必要があります。

子どもの近視

子どもの近視人間の目は、毛様体筋という筋肉の力で水晶体を分厚くして近くのものを見ています。近くのものを長時間見ていると水晶体を分厚くするための筋肉が過緊張を起こし、ものがぼやけて見えるようになります。これが仮性近視です。仮性近視は睡眠や休息で回復しますが、仮性近視を繰り返していると進行して回復しなくなり、近視になります。
子どもの筋肉は柔軟で回復力も高いのですが、それでもあまり長時間近くのものを見続けていると仮性近視から近視になります。ただし、仮性近視のタイミングで治療を受け、適切な生活習慣を身に付けることで、近視への進行を予防することが可能です。仮性近視は、眼鏡や点眼薬による治療も重要ですが、近視は生活習慣によって発症・進行するものですから専門医による指導を受けることはとても重要です。当院では、治療に加え、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを使用する際の注意点や、目を休ませる方法やタイミングなどの指導を丁寧に行っています。近視に進ませてしまわないためにも、できるだけ早くご相談ください。

斜視

瞳の位置にずれがあって、視線が目標物の方を向いていない状態です。多くの場合、片方の黒目は見ているものの方を向いていますが、もう片方の黒目が違う方向を向いています。乳幼児は正常な場合でも斜視に見えることがありますし、目の向きがおかしいと感じたらお気軽にご相談ください。
斜視は、黒目が向く方向によって、内側を向く内斜視、外側を向く外斜視、上を向く上斜視、下を向く下斜視、角度が変わる回旋性斜視に分けられます。目の機能的な問題で起こっているケースもありますが、脳や全身疾患などの症状として斜視が起こっているケースもあります。視力が発達する6歳までの間に斜視があると、片方の目ではものをしっかり見ることができずに視力の発達を妨げますし、両目で行う立体視ができなくなることがあります。そのため、早めの治療が重要になります。
斜視の治療は眼鏡による視力矯正を中心に行って、目の位置を修正しながら両目による立体視ができるようにしていきます。手術で筋肉の位置を修正する治療が検討されることもあります。ただし、この手術はもとに戻ってしまうケースがあります。視力の発達のために、そして見た目のコンプレックスを残さないために、地道にしっかり治療を続けていきましょう。

弱視

6歳くらいまでの間に、実際にものを見ることで視力は発達していきますので、その時期にしっかりものを見ることができないと視力が発達せずに弱視になります。弱視は眼鏡などで矯正しても十分な視力を得ることができない状態で、大人になってから治療しても視力を得ることはできません。弱視の場合は視覚情報が脳にうまく伝達できないため、レンズで光の屈折を矯正しても見ることができないのです。両目の弱視だけでなく、片目だけ弱視というケースもあります。片方だけの弱視は普段の生活で問題があるようには見えないこともよくありますので、注意が必要です。
弱視の場合は、視力が発達するできるだけ早い時期に適切な治療を受けることで治療効果を期待できます。3歳から治療をスタートさせることが理想ですが、6~7歳くらいまででしたら十分な治療効果を得られるケースが多くなっています。8歳になってしまうと十分な治療効果が得られなくなってしまうため、両目でしっかり鮮明な像が結ばれて、立体視できる状態にするために、早めにご相談ください。
なお、弱視は、弱視治療用の眼鏡をかける治療を行います。片方だけ弱視があるケースでは、医療用のアイパッチでよく見えている方の目を隠すことで、弱視のある目を積極的に使って見る機能の発達を促すなどの治療が行われることもあります。

はやり目

流行性角結膜炎という感染力がとても強い眼科疾患で、完全に治るまでは登園や登校が禁止されています。アデノウイルス8.19型や37.54型などに感染して発症し、5歳くらいまでの幼児の発症が多い傾向があります。主な症状は、充血や結膜の赤み、まぶた裏側のブツブツ、目やにの増加、かゆみ、ゴロゴロした異物感などがあります。

流行性角結膜炎と出席停止

学校保健法で流行性角結膜炎は第三種の「完全に治るまで出席禁止」という指定を受けています。そのため、治ってからの登園や登校には医師の許可が必要となります。学校や園から所定の許可証明書を受け取って受診し、医師に記入してもらったものを園や学校に提出して登園・登校が可能になります。

当院のはやり目治療

アデノウイルスに対する有効な薬剤がないため、症状や炎症を抑える治療が中心になります。細菌感染を併発する可能性がある場合には予防として抗生剤を用います。炎症が治ってくると黒目の部分に小さい点のような濁りが出ることがありますが、しっかり治療を続ければこの濁りもそのうち解消されます。完全に治るまでには半月から1ヶ月かかります。炎症が治まったからと濁りのある状態で治療を中止してしまうと、濁りが解消せずに視力に悪影響を与える可能性があるため、医師が治療終了を伝えるまではしっかり治療を続けてください。

マイオピン

マイオピンマイオピンは、子どもの近視進行を抑制するための点眼薬です。主成分となっているアトロピンは、1960年代から近視進行抑制治療に使われてきましたが、以前の処方では目の痛み、まぶしさ、アレルギー性結膜炎発症といった副作用が起こることがありました。シンガポール国立眼科センターの研究により、アトロピンの近視進行抑制果はそのままに副作用を改善した処方が開発され、それによって誕生したのがこのマイオピンです。
以前の処方では1%という高濃度アトロピンの点眼薬が使われていましたが、マイオピンのアトロピン濃度は0.01%と低く、これによって十分な効果と高い安全性を得られるようになっています。
このマイオピン治療は、6~12歳で軽度から中度の近視があるケースにおすすめしています。毎日の点眼だけですから、大きな負担やストレスにならずできる点もメリットになっています。

使用方法

毎日1回点眼します。1本で1ヶ月間使用できるため、受診頻度は毎月1回です。

ご注意

下記の症状があったら、すぐに使用を中止して受診してください。
まぶしさや光に対する不快感
目の痛みやかゆみ
ぼやける、かすむ
読み書きに支障がある

治療費用

マイオピンは健康保険適用外ですから、自費診療となります。

費用(税込)
初回(診察+マイオピン1ヶ月分) 5,000円
二回目以降(診察+マイオピン3ヶ月分) 10,500円
マイオピン1ヶ月分 1本3,000円
一番上に戻る
TEL:047-401-7467TEL:047-401-7467 当日順番取り当日順番取り 日時指定予約日時指定予約