屈折異常(近視・遠視・乱視)

目で見るということ

目で見るということ目に入ってきた光は水晶体で屈折が変えられて、ピントが合った状態で網膜に届きます。網膜が受け取った視覚情報は視神経に伝えられ、そこから脳に情報が伝わって見たものを認識します。目の機能をカメラにたとえると、水晶体はレンズ、網膜はフィルムやCCDにあたります。水晶体は近くのものにピントを合わせる際に、毛様体という筋肉によって分厚くなって屈折力を高くします。遠くのものを見る際には、毛様体の緊張が解けて水晶体が薄くなり、屈折力が低下します。見たい対象の距離によって毛様体の緊張や弛緩を調整することで、さまざまな距離にあるものをピントが合った状態で見ることができます。
屈折異常は、適切な屈折力になっていないため網膜に届く像にピントが合わず、ぼやけて見えてしまう状態です。屈折異常を大きく分けると、近視、遠視、乱視に分けられます。なお、屈折異常がなくピントが合う状態は正視です。

屈折異常

近視

近い距離にあるものにはピントが合いますが、遠い距離のものにピントが合わず、見えにくい状態です。遺伝や環境によって生じる単純近視は、10~15歳くらいに発症しはじめることが多い近視です。それ以外にも病的近視があって、これは脈絡膜新生血管によって失明に至る可能性がある近視であり、矯正視力低下などの視機能障害を起こすこともあります。

遠視

水晶体の厚みを調整する毛様体が弛緩している状態では、網膜より後ろでピントが合ってしまいます。そのため遠くを見る際に毛様体を少し調整する必要があり、さらに近くを見る時には毛様体の緊張をかなり強くしないとはっきり見えなくなってしまいます。遠距離と近距離の両方で調整が必要ですし、近距離はかなり強い調整が必要なので眼精疲労などのリスクが高くなってしまいます。

乱視

角膜のひずみやデコボコによって、屈折率が一定ではないため、焦点が結ばない状態です。角膜がひずんでいるものを正乱視、角膜表面がデコボコしているのを不正乱視と呼びます。正乱視は縦横や斜めで屈折力が変化するため焦点をうまく結べなくなって、一定方向に伸びる線以外はぼやけます。正乱視は近視や遠視をともなうケースが多くなっています。不正乱視は、炎症や外傷などによって起こります。

当院で行う屈折異常治療

近視・遠視・乱視は、日常生活を大きく左右してさまざまな支障や不便を生じます。またピントが合わせにくいと目に疲労がたまり、重度の眼精疲労を発症すると心身にさまざまな症状が起こって仕事や学業に支障を生じることがあります。特にパソコンやスマートフォンを長時間使う場合、近くにピントを合わせ続けるため、ピントを合わせる毛様体に疲労が蓄積して、視力を著しく低下させてしまうケースが増えています。また、用途にきちんと合っていない眼鏡やコンタクトレンズを使うことで、目の疲れや視力低下を起こすことも珍しくありません。
当院では、精密な眼科の各種検査を行っており、そのデータをもとにしてしっかり合った眼鏡やコンタクトレンズの処方を行っています。また、用途に合わせたきめ細かい処方にも対応しています。症状や状態に合わせた点眼薬や内服薬などの処方も行っています。その上で、目を疲れさせない生活習慣や環境整備に関して具体的なアドバイスを行って、視力の維持をサポートしています。

子どもの弱視

子どもの視力は実際に「見る」ことで発達して、6歳くらいには大人のような視力を獲得しますが、この大事な成長期にしっかり両目で「見て」学習しないと、弱視になってしまいます。弱視は5歳くらいまでに適切な治療を開始することで十分な視力を得られる可能性が高まりますが、8歳以上になってしまうと改善がほとんど見込めなくなります。弱視になると眼鏡などで矯正しても十分な視力を得られなくなってしまいます。片目の斜視などで、片目だけ弱視というケースもあります。弱視はいかに早く適切な治療を開始できるかに、その後の人生の視力が大きく左右されます。お子様の見え方に不安がある場合には、早めにご相談ください。

老眼

老眼という名称ですし、加齢によって起こる老化現象ですが、ほとんどの場合は40歳前後に症状が現われはじめます。近視・遠視など視力の問題の有無に関わらず、誰もがなる可能性があるのが老眼です。
老眼では、分厚さを調整してピントを合わせる水晶体の柔軟性が衰えることで、調整力が低下して近くのものが見えにくくなります。こうした特徴によって、近視の方は進行がゆるやかであると感じることがよくあります。発症の時期や、進行には個人差が大きいのですが、度数変化に眼鏡を合わせることで、目にかかる負担を軽減できます。

スマホ老眼

スマートフォンを長時間使った後で、「目がかすむ」「細かい文字が読みにくい」といった老眼のような自覚症状を感じる方が増えています。こうした状態は、スマホ老眼と呼ばれています。睡眠や休息をとることでこうした症状は改善しますが、目の酷使を続けて悪化させてしまうと睡眠や休息で十分な回復ができなくなって視力が低下し、慢性的な頭痛や肩こりを起こすこともあります。手元の画面を注視していると、まばたきが減って目が乾燥しますし、近距離にピントを合わせるために水晶体を分厚くする筋肉が過緊張を起こして疲労が蓄積します。また、多くの場合、下にある画面をうつむいて見るため、首や背中にも大きな負担がかかります。
スマートフォンを使う際には、意識的にまばたきを増やし、こまめに休憩してください。また、目が疲れたと感じたら、濡れたタオルを電子レンジで温めたホットタオルで目を温めると目周辺の血行が改善して疲労回復に効果が見込めます。

一番上に戻る
TEL:047-401-7467TEL:047-401-7467 当日順番取り当日順番取り 日時指定予約日時指定予約